誰のために生きる?

あまりにも人に尽くしてきてる気がする私。それが自分にかえってきてるとも思ってます。

発達障害でもキャッシュレス

私はすでにキャッシュレスをかなり活用しているおばさんだと思う。管理が複雑になる懸念はあるが財布が重たい長財布からミニ財布に変身。カードケースは別に持っているけど重量はかなり減った。歳とったら管理できないので少しづつフェードアウトしないといけないなと。これも終活だ。

精神年齢は低い(10歳程度)娘なのだがスマホは使えているしこれからの時代はキャッシュレスも使えないとね。ということで楽天カードを作ってみた。

無職になるので同居のうちに作るべきというアドバイスを受けてすぐに作った。親と同居なので限度額は少なく10万円だけど十分だ。多くない方がいい。キャッシングはもちろんつけないし自動リボなどには要注意だ。

今、使っているのはセルフエステの引き落としと楽天モバイル(まだ無料期間内)楽天ペイも連動してるけどお小遣いを渡してるのでメインは現金払い。交通系電子マネーは関西では後払いの口座引き落としのものがある。私の家族カードになってるのでこれもそのうち変更しなければ。

しかし今後、一人暮らしになる場合は光熱費などは引き落としもしくはカード払いにすることを教えなければならない。お金に関して失敗すると大変なことになりかねない。都度払いにしていて光熱費を払い忘れて電気やガスが止まったりしたらどうしたらいいのかわからないかもしれない。

一時、グループホームに入居したときは毎月振り込まなければならなかったので私亡きあとにどうするかも管理者と相談が必要。お金の件は一つ一つ教えていかなければならない。

楽天カードがチップが磁気の破損でつかえなくなった。最近はネットから申し込みできるので簡単だけどそこにたどり着くまでが難しかったりする。こういうことが自分でできるのか?ネットリテラシーの弱い人にもちょっと難しいかも。便利なネットもかなりの割合で使いこなせない人がいることをシステムを作ってる人は知ってるのかなとも多々思う。娘の場合は電話で人と話せないのでネットリテラシーを上げるしかないけど結構難しい。

将来の独立を考えたら金銭教育は10歳児に20歳レベルのことをしなければならないという事になる。私に残された時間で間に合うのか気になって仕方ない。