誰のために生きる?発達障害の娘と私

なんでも引き受けてしまう私。そろそろ限界かな。

予感 遺伝かな

出産の翌日だっただろうか部屋に新生児室から部屋に来た娘。兄の時は黄疸が出たがこの子は大丈夫。3年ぶりの新生児をまじまじと見つめていた私。その時「あれ?なんか違う。」以前にも書いたがちょっと私の姉に似ていると思ったのだ。上の子は明らかに旦那に似ていたがそれよりも女の子の顔だな~とウキウキ。と思っていたがなんか違う。唇の形に違和感があった。姉にそっくりなのだ。その時からずっと姉に似ていることを引きずっている。

その予感は的中してしまい障害がみつかり、姉のようにならないようとつい思ってしまう。仕草、体型、些細な顔のパーツなのに唇。

私と兄は父に似ている。姉だけ母に似ている。父はわりと男前だったのだが母は申し訳ないが‥そしておデブ。これは私と兄と母も意見が一致している。

 

遺伝子侮ることなかれ。発達障害も遺伝が影響していることは否定はできないなと思うことは多々ある。きょうだいで、親子でというのは本当に多い。せっかくの誕生日だけど私は反面教師を改めて思う日でもある。