誰のために生きる?

あまりにも人に尽くしてきてる気がする私。それが自分にかえってきてるとも思ってます。

憲法と法律について学ぶ

私は要約筆記を学んでいる。手書きとパソコンがあるが私の市では手書き講座を募集していたので受講した。

要約筆記とは聴覚障害のある方の情報保障の一つ。情報保障ではよくニュースや記者会見で見る手話と同様ではあるが手話をもっていない聴覚障害者(特に途中失聴者)にはとても助けになる。

要約筆記とは講演会の内容を聴講者全員にむけて投影機に写した用紙の上に要点をまとめて迅速に書いていく。または病院の付き添いで医師の言っていることをまとめて伝えるなど個人に向けたノートテイクという2種類がありどちらも学ぶことになる。6月から始めて12月まで毎週1回。その後2月に試験がある。これが超難関で合格率は毎年25%程度である。

講座の中で障害者に関する制度なども学ぶのだが今日は社会福祉の基礎知識。その中でまず憲法と法律。「憲法と法律の違いわかりますか?」と問われ「考えたことなかった!」言われてみればそうなのにまったくその差を意識してもいなかった。

憲法は国民が国(政治家や官僚)に歯止めをかける制限するもの。法律は国民を制限するもの(民法など)。確かにそうだ知ってたつもりでわかっていなかった。人権学習とかしてるくせに基本的人権憲法で定められている。そこだけしか意識なく浅はかであった。情報の補償を守ることは人権につながることだ。なので関連の法律なども必須科目なのだ

いま一度、政治家、官僚に憲法の本当の意味を伝えたいところだ。(わかってるか疑わしいことが多すぎる)

今日の講師がとてもすごい方でシングルマザーで障害のあるお子さんがいながら大学に入りなおし(2度も!)社会福祉士などの資格をとり教鞭をとる一方で障害者施設(就労支援やB型作業所)の理事もこなされている。子どもさんの就学相談の際に協力してくれた方(途中障がいで脊椎損傷)と結婚するなどドラマチックなエピソードもお持ち。

子どもさんと娘の障がいの内容は同じではないけど娘のことも話して、とても共感してくださったりとても素敵な先生でした。ピアカウンセリングをしてもらっているよう。

今日は講義と聞いて最初は寝てまうんちゃうかと思ったが想像してたこととは大違い。テキストに書いてあることはもちろん学んだんだけどとても大切なことを教えていただいた。学びというのはいくつになっても楽しい。