誰のために生きる?発達障害の娘と私

なんでも引き受けてしまう私。そろそろ限界かな。

進路選択

情報弱者になる人ならない人

今日はぜんち共済さんの「親も子も幸せになる発達障害に課題がある子の育て方」のウェブサイトセミナーを見た。立石美津子さんが講師だ。 立石さんの息子さんとうちの娘は同じ歳で当時の発達障害の診断の難しさなど状況がほぼ一緒で同意することも多かった。…

親ガチャ 当たり?はずれ?

今朝の羽鳥慎一モーニングショーで親ガチャが取り上げられていた。 子どもは親を選べないということを現代的に風刺されている。 反対に障害を持つ子が親を選んで生まれてくるという詩がある。 Edna Massimillaの『天国の特別な子ども』である。 また、ダウン…

余暇の大切さ、楽しく生きるために

障害者の親としてきょうだいとして本人にとって何が大切なのか考えると楽しく過ごしてもらいたい。障害があるから~できない。とあきらめることは多いだろう。でも障害があるから~してはいけない。ということは一つもないのだ。 障害があると、どうしても不…

マイノリティーの中のマジョリティー

4連休終わりました。どこにも行く予定がないので大半は寝て過ごしていました。最近の私はこんなことが多い。更年期って眠くなるのか?眠れない人のほうが多いような。(笑) 前回は普通について書きました。娘の周りのマイノリティーな世界を少し書きます。…

今の娘について

ここまで娘と私の成育歴や環境について振り返ってきました。今頃ですが20歳(もうすぐ21歳)になる娘の現状を書いていませんでした。 通信制高校卒業後、B型作業所を2件その間にグループホームにに入居して退去して今は家におりまして。作業所はあきら…

自立訓練とは

B型作業所もあまり行かないのでほとんど家で過ごすようになってしまった。週1~2日しか行かないで一日パジャマで過ごす。毎日起きるのは12時過ぎてから。せめて朝起きる生活リズムをつけたい。 かといって行かなければならない病院の予約とかは必ず起き…

B型作業所とグループホーム

結局、放課後デイサービスの併設のB型を選んだ。但しおばちゃん先生はあまり一緒にはいてくれない。B型に入るには就労支援に行ってとても就労支援には通えませんというお墨付きの書類をを就労支援に通ってもらう必要がある。B型選んでるんだからそこにすぐ…

プレイセラピー、放課後デイサービスも終了

小学校入学時からお世話になったプレイセラピーも18歳の高校卒業までで終了。そして放課後デイサービスも終了となります。放課後デイサービスになるこの二つはわりと順調に通っていた。プレイセラピーの先生とも私だけが涙のお別れ。(娘は泣かない) 学習…

フリースクールと通信制高校①

中学の卒業式は証書の授与に前に出られず式場には居たのですが小学校と同じく後でもらうことに。別室友達は一組の出席番号1番だったので証書を全部読んでくれる唯一の人。彼女は立派に役目を果たしました。 さてフリースクールとはいえそこは公立高校のよう…

フリースクールと通信制高校②

娘は提携している通信制高校(私学)に入るつもりだったので入校当日の申し込み。公立の通信制だと全日制と同じ時期に願書だしたりしないといけなかったようで気が付いたときには遅かったので。特に試験とかなく入学決定。 毎週1回はその学校は授業に来てく…

中学卒業だ進路はどうしよう②

①で大まかに私なりの進路の区分けを書きましたが当時、私がこのようになっているなと感じたまでで全区域、誰にでも適応するものではありません。(ご了承ください) さて、見学できる進路としては公立ではあと一つ、単位制の公立高校。これは二つありました…

中学卒業だ進路はどうしよう①

義務教育卒業まではマイペースで通学してそれなりに本人も楽しいこともちょっとありでなんとか過ごした。娘のいわゆる普通でないところは多くの普通でないとされる引きこもりや不登校の方、軽度知的障害の方やダウン症などの障害の方、身体障害の方とも性質…